発毛効果がとても高いプロペシアの効果と副作用

案内

抜け毛を防ぐ治療薬

鏡を見る男性

安全に飲むには

プロペシアは「フィナステリド」という前立腺肥大症を治療する薬から生まれた治療薬です。AGA(男性型脱毛症)の予防に優れた効き目があり、プロペシアを飲んだほとんどの人が脱毛症からの脱却に成功しています。プロペシアを飲む前に知っておいたほうがいいのが副作用です。プロペシアは医薬品なので、個人の体質によっては合わない場合があり、まれに副作用が出ることもあります。よく報告されている副作用には、「肝機能障害」「肥満」「性的不能」「精力減退」などがあります。これらの副作用にも限度があり、ほとんどの人がごく軽く出る程度です。安全に服用するには、まず病院で検査を受けて、プロペシアの耐性があるかどうか調べてもらう必要があります。

AGAに効果的な薬

プロペシア(フィナステリド)は個人輸入代行サイトや皮膚科などの医療機関を利用して購入できる、AGA用の内服薬です。厚生労働省によって認可されており、日本皮膚科学会も薄毛治療に効果がある内服薬としてプロペシアを推奨しています。副作用が怖いからと飲まない人もいますが、医師の判断に従うことで、安全に飲むことができます。プロペシアにはAGAの原因となる「5αリダクターゼ」や「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を抑止する効能があります。飲み続けるとヘアサイクルが正常になり、抜け毛の量が減っていきます。よく遺伝でハゲるといいますが、遺伝するのは5αリダクターゼなどの脱毛因子の量です。従って、プロペシアを飲むことで、遺伝から起こる薄毛も抑止することができます。

安心して効果を実感しよう

考える男性

2005年より販売が開始されたプロペシアは、非常に高い発毛効果があります。プロペシアを服用するためには、病院で処方してもらう必要があります。AGA専門病院では副作用のほか、効果の有無まで事前に把握することができます。

詳しく見る

用法用量を守りましょう

笑う男性

プロペシアは、厚生労働省の認可薬ですので、フィンペシアと異なり、原則として医薬品副作用被害救済制度の対象となります。副作用としては肝機能障害、男性機能への影響、抑うつ症、頭痛やだるさ、眠気などが考えられます。妊婦や未成年が使用すると、子供の成長に悪影響が出ますので取り扱いに注意しましょう。

詳しく見る

知識と理解は安心感に

櫛を持つ男の人

プロペシアは、正しい知識を持つと副作用も怖くない薬といえます。皮膚科やクリニックで治療が受けられ、それぞれのホームページで情報が得られます。医師の診察のあとに処方される薬なので、他人に勧めるのは控えると良いでしょう。男性ホルモンに影響し、性に関する副作用の可能性もありますが、理解しておくと安心です。

詳しく見る